車両運転中の交通事故で同乗者に保険金が支払われた事例

交通事故19

私はある日、私有車で友人と出かけたときに交通事故に遭いました。自動車等の車両を運転するならば、誰もが遭遇し得る交通事故ですが、初めての事故で同乗者もいたため、実際かなり慌てたことを覚えています。幸い、自動車の任意保険に加入していたため、事故処理から友人への保険金支払いまでとてもスムースに事が運びました。

今回は、私が経験した事故発生から同乗者へ保険金が支払われるまでの経緯を紹介します。

交通事故の概要

車23

事故は一瞬にして起こりました。友人を私有車の助手席に乗せ、国道を走行していたところ、突然前方左側から白い乗用車が現れたかと思った次の瞬間にはそれと衝突したため、衝突までの詳しい状況は覚えていません。大きな衝撃の後、私の車両は時計回りに道路に対して真横を向いたまま、衝突した白い乗用車と共にしばらく前方へと進み、止まりました。

私の車両と白い乗用車は、国道のセンターラインを跨いだ状態で、国道に対してほぼ直角に停止していました。助手席に座った友人と私は、同時にお互いを見て無事を確認したものの、友人は左のこめかみ辺りから血が出ており、真っ青な顔をしていました。

警察への通報と救急車の手配

私は慌てて周りを見渡しながらも状況がのみ込めずにいましたが、友人の顔越しに白い乗用車の運転席が見え、運転席の男性はハンドルを握りしめて前方を見たまま固まっていました。私はスマホを取り出して110番通報しました。

通報を受けた警察職員の質問はわかりやすく、次々と冷静に答えることができました。また、救急車を呼んでいないことを答えると、警察から手配することを伝えられました。2次被害防止のため、車両を動かすことができれば近くの広場等へ移動するようにと指示を受けましたが、私有車のエンジンはかからず諦めました。

保険会社への一報

110番通報を終え、何故か落ち着きを取り戻すことができた私は、友人に大丈夫かと声をかけたところ、友人から保険会社へも電話するように促されたため、それに従いダッシュボードから保険証券を取り出してコールセンターへ電話しました。

幸運にも保険会社の支社が近くにあり、担当者を派遣してもらうことができました。保険会社への一報を済ませた私は全身の力が抜け、シートに深く腰を据えたまま友人と黙って警察官などの到着を待ちました。それから約10分後に警察車両と救急車がほぼ同時に到着し、続いて保険会社の担当者も到着しました。

私と友人は、事故現場に到着した警察官から簡単な状況確認を受け、救急車で病院へ行くよう指示を受けました。保険会社の担当者は、救急隊員に搬送先の病院を確認すると私に近付き、後から病院へ行く旨を伝えると警察官の方へ駆け寄って行きました。

病院での受診と保険担当者の対応

救急車は、私と友人を乗せるとすぐに病院へ向けて出発しました。白い乗用車の運転手はどうなるのか聞くと、警察官から私たちだけ搬送するよう指示を受けたとのことでした。搬送中友人は、左こめかみ辺りからの出血のほか、左大腿部の痛みを訴えており、私は大事にならなければ良いと祈るばかりでした。

病院で私と友人は別々の処置室に入り、私は問診及び聴診を受けた後に頭部CTを撮りましたが、身体には外傷もなく結果は異状ありませんでした。友人は診察の結果、左側頭部に5cmの裂傷と左大腿部の打撲が判明し、全治1週間と診断を受けました。

病院の待合室に行くと保険会社の担当者が待っており、私に今後の手続き等の流れが記載された用紙を手渡すと、私たちが乗るためのタクシーを呼んでくれたわけですが、友人は明日以降の通院が確定し、詳細は保険会社の担当者とやりとりすることになりました。

交通事故証明書と過失割合

病院で保険会社の担当者から渡されたリストには10以上の実施項目が記載されていましたが、赤い印が付けられていたのは「交通事故証明書」だけでした。事故から2日後に事故の現場検証が行われ、さらにその翌日に警察署で交通事故証明書を受領することができました。

その際、警察官から事故を総括した説明を受けました。今回の事故は、白い乗用車を運転していた男性が、一時停止を怠り国道に進入し、国道を時速約40kmで走行していた貴方車両の左前輪付近に衝突させたために発生したもので、一見全面的な過失は白い乗用車の運転手側にある。

ただし、どちらも車両運転中であり、貴方側にも注意を怠ったとみられることが現場検証の結果から判明したため、過失割合は9対1となります。とのことでした。警察署でけんかをするつもりはなく、こんなもんなのかと自分を納得させて事故証明書を受け取りました。

また、保険会社の担当者に聞いたところでは、妥当であると説明を受けました。

保険金に関する事項

友人が交通事故により負傷し、診察の結果は左側頭部の裂傷5cmと左大腿部の打撲で、全治1週間との診断を受けたのは先述したとおりです。

事故発生後から保険金の支払い申請まで、相手方との示談交渉を含めたほとんどの調整は、私の加入している自動車保険会社の担当者が行ってくれました。申請及び申告書類に関しては、ほぼ印鑑を押すだけ。負傷に関わる診断書は、担当者が受領。

私が自ら取りに行き保険会社へ提出したのは交通事故証明書だけでした。友人に支払われた保険金は合計46万円で、内訳や計算方法などは掘り下げて聞いていませんが、一部は私の加入している保険の搭乗者傷害特約内から支払われ、他ほとんどは相手方保険からの慰謝料でした。

ちなみに、私有車の修理代58万円は、相手方の保険会社から修理入庫した自動車ディーラーへ支払われ、相手方の修理費は私の加入している保険会社が8万円を支払ったとのことでした。どちらの修理代も事故の過失割合に基づく金額だそうです。

事実私は、3万6,900円の手出しを請求されたためディーラーへ支払いました。相手方の車両は8万円では到底直る状態ではなかったと思いますが、不足分は相手が自腹で支払ったのだと推測します。

関連:交通事故で治療中、病院変更をしても良い?メリット、デメリットはあるの?

加入保険の内容確認

今回、私は不幸にも交通事故に遭遇してしまいましたが、加入している自動車保険に搭乗者傷害を特約していたことと、相手側が自動車保険に加入していたことは不幸中の幸いだったと思っています。例え事故の規模が小さく、自分が負傷せず、また保険会社の担当者のフットワークが良く事故処理や受診を円滑に行うことができても、保険への未加入あるいは不足があれば、最終的に何かしらの金銭的負担がのしかかってくることでしょう。

もしもの場合に慌てることがないよう、自分の加入している自動車保険の契約内容については、再確認しておくことを是非お勧めします。

参考サイト...交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所